ロナウジーニョDVD、フィギュアなど。バルサ公式オンラインストア

 アスレタ商品一覧1 アディダス商品一覧1

楽天カードで2000ptゲット★買い物ポイント2倍!

楽天価格でトラベリング

楽天全国のチーズケーキ(うまい!)

スポーツチケットなら@電子チケットぴあ

※サッカーフットサルについて、日本代表、中田英寿情報、サッカーフットサル用品に至るまで、幅広く展開させていきます★

※アスレタ商品をお探しなら、もう一つの私のサイトでたくさんのアスレタを紹介しています。よかったらこちらも見てください★ 「アスレタ【ATHLETA】スタイル」

サッカー豆知識

サッカー・・・ファンタジスタの語源

200511239f27933c.jpg

サッカー・・・ファンタジスタの語源
サッカーでよく使われる「ファンタジスタ(fantasista)」という言葉。幻想や空想を意味するファンタジーア(fantasia)というイタリア語が語源だ。 

もともとはアドリブが得意な役者や芸人をさす言葉として使われていたという。だが、スポーツの世界でも用いられるようになり、サッカーでは想像力やひらめきにあふれた、テクニックの高い選手をファンタジスタと呼ぶようになった。

ファンタジスタと言われれば、日本人選手ではセルティックに所属する日本代表MF中村俊輔選手を思い出す人も多いだろう。また、ジダン、ロナウジーニョやカカを想像する人も少なくないはずだ。


イタリアが世界に誇るファンタジスタはやはりバッジオ
だが、ファンタジスタという言葉が使われ始めたイタリアでは、ファンタジスタはFWのタイプの一つとされ、基本的に日本のようにMFがファンタジスタと呼ばれることはない。

イタリアでいうファンタジスタとは、「トレクアリスタ(trequarista)」つまり1.5列目の選手とほぼ同義で、自身で点を取る以外にもアシストや前線へボールを供給することもできる選手のことを指している。ただし、ファンタジスタは基本的にFWに限定されるのに対して、トレクアリスタはMFを指すこともある。現在ではフランチェスコ・トッティや、かつての名選手であるロベルト・バッジオ、ジャンフランコ・ゾラ、ナポリで活躍したマラドーナということになる。

「イタリア代表のデルピエロはファンタジスタではないの?」と思われる方もいるだろう。実はイタリアではデルピエロはセカンド・ストライカー(イタリア語ではseconda punta)と呼ばれることが多い。

セカンド・ストライカーは文字通り、ファースト・ストライカーであるセンターフォワードを補佐しつつ得点を狙う選手のことで、優れたドリブルとシュートのセンスが要求される。ただ、セカンドと言っても2番手というわけではなく、あくまでもファースト・ストライカーとのコンビネーション上の役割でそう呼ばれているだけだ。

もちろん、ファンタジスタとセカンド・ストライカーの境界線は非常に曖昧で、あえていうなら、セカンド・ストライカーのほうがファンタジスタよりも前線にポジションを取っているということになる。また、守備的役割を要求されるイタリアにおいても、センターフォワード以外にファンタジスタだけ守備をしなくてもいいほど、かなり才能が認められている選手にのみ使われるのが一般的である。

もっとも、デルピエロ自身は「センターフォワード」を自認しているわけだから、ファンタジスタと呼ばれるのも実はあまり光栄ではないのかもしれないが。

日本のFWにもファンタジスタを期待したい
ファンタジスタという言葉は最近ではイングランドやフランスなど、いろいろな国で使われるようになっている。だが、やはり基本的にはFWの選手に対して用いられ、日本のように拡大解釈されMFをも指すことは稀だ。

どんなにクリエイティブなパスを出し、ひらめきにあふれたシュートを打っても、カカもロナウジーニョもジダンもイタリアでは「ファンタジスタ」とは残念ながら言われないようだ。

ボランチ(ポルトガル語)とともに、すっかり日本において市民権を得た「ファンタジスタ」。だが、日本の誇る左利きの「ファンタジスタ」も、イタリアではFKが上手い「魔術師」、テクニックに優れたMFという認識のようだ。

もしかしたら本場イタリアでも「ファンタジスタ」と呼ばれるほどの選手が日本のFWにも誕生すれば、日本代表の長年の懸念である得点力不足が解消されるのかもしれない……。


http://allabout.co.jp/sports/worldsoccer/closeup/CU20070614A/index.htm?FM=ranks

(ここまで)

なるほど・・・

語源の地であるイタリアと日本ではやはり少し意味合いが異なってきているようだ。

日本では、言葉の意味合いを拡大解釈する癖がある。

たとえば、「マンション」。
「マンション」とは本来、部屋数が10以上の一戸立ての豪邸を意味する。
この言葉・・・
日本人にかかると、高級なものからそうでないものまですべての共同住宅をマンションと呼んでしまうのである。

そう思うと、日本人は案外適当な人種なのかもしれない。
拡大解釈や間違いをあまり気にせず、良いものを取り入れ、自分たちの使いやすいようにアレンジする。

言葉の話をしたが、
この日本人の習慣が、サッカーでも発揮できれば・・・

ただのまねごとではなく、
日本人の体型、メンタルに合った、

「真似から始まる、ジャパンスタイル」

これの確立が急務である。

世界に通用するジャパンスタイルが、
オシム監督によって、作られるか・・・

楽しみである★

2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

サッカー豆知識

サッカー・フットサルチームのスケジュール管理はどうしていますか?

サッカー・フットサルチームのスケジュール管理はどうしていますか?

社会人チームを運営する中で、一番の悩みは、
メンバーの出欠である。

試合や練習があるけど、あいつは本当にくるのか・・?
メンバーは集まるのだろうか?
連絡がつかない。
いちいち一人ひとりにメールをしていて、面倒くさい。

運営者のみがメンバー集めに躍起になり、上記のような苦悩をしていませんか?


私のチームではそんな悩みから、
「☆ぐるうぷすけじゅ〜る☆」
http://g-schedule.com/

という管理プログラムをつかいだしました。

これがまた使いやすい。
わかりやすい。

ということで、みなさん使ってみてはいかがでしょうか?

もちろん使用に関しては一切無料です。
スケジュールを登録し、ポチっと「依頼」ボタンをクリックするだけで、
メンバー全員の携帯にメールが届き、メンバー個人個人が、
出欠を登録するスタイルです。

これいいよ★

2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

サッカー豆知識

有名サッカー選手愛称の由来

有名サッカー選手の愛称の由来/strong>

カフー・・・1960年代に実在した選手、カフリンガに容貌、プレースタイルがにていることからついた。

カカ・・・弟が間違って呼んだことからついた。

ジーコ・・・「やせっぽち」という意味。才能に満ちあふれていたが、虚弱体質だったことから、ついた。ジーコの才能を信じたフラメンゴが、フィジカルトレーニングや、食事療法、歯の矯正までして肉体改造をしたらしい。
→大成功を収めた。

サッカー豆知識

え?審判が退場?サッカー

審判が退場?サッカー

審判が自らにレッドカードを出して、退場処分としたことが過去に2回あったという。

イングランド・アマチュアリーグでの話。

一回目・・・

1998年4月、試合中に後ろから突き飛ばされたことに腹を立てたレフェリーが、その選手を殴りとばした。
その後、すぐに自分自身にレッドカードを出して退場した。

二回目・・・

2005年2月、ノーサンプトン州リーグの試合でアンディ・ウェイン主審がホイッスルを投げ捨て、GKと格闘した。
その後、すぐに自らにレッドカードを出して退場した。

↑要するに、審判も人間ということだ。
なかなか、審判だから・・・といって、むかついたことに対して、紳士的に対応できる訳でない。
衝動でやってしまうこともあろう。

この人たちの審判・スポーツマンとしてはとてもほめられるべきではないが・・・
人間としては、少しわかる気がする。
(暴力を奨励している訳ではありません)

悪い行為の中にも、自らにレッドカードを出すところ、
すばらしいではありませんか。

その後試合はどうなったのだろう?

笑けるエピソードでした★

サッカー豆知識

サッカー・フランス代表アンリ12番の秘密

サッカー・フランス代表アンリ12番の秘密




ご存じ、アーセナル・フランス代表のティエリ アンリはフランス代表で何で背番号12番なのか・・・

アンリはオランダ代表のファンバステンに憧れており、ユーロ1988でファンバステンがつけていた背番号「12番」をつけたそうです。

↑そう考えるとフランスのエースも普通の人間ですね。

私もクライフの優雅なプレーに憧れて、小学校から14番をつけていました。
一度つけると、こだわりになってしまうのが背番号。

皆さんも背番号にはこだわりがあるのでは・・・?








サッカー豆知識

欧州サッカー、移籍マーケットの陰と陽

サッカー移籍マーケット…代理人の暗躍

まずはお読みください

<ドログバ、ツェフ… 英プレミア移籍で大疑惑>
 イングランド・プレミアリーグは現地時間15日、同リーグの複数のクラブにおいて移籍を巡る規約違反があったとされる問題についての調査内容を発表。チェルシーFWディディエ・ドログバ、GKペトル・ツェフら有名選手の移籍について、不透明な点が残ることを明らかにした。ロイター通信が報じている。

 疑惑の対象となっているのは、チェルシーのほか、ポーツマス、ミドルスブラ、ボルトン、ニューカッスルの5クラブと17選手に関する移籍で、代理人やアドバイザーなどを含め多数にわたる。

 各クラブの協力のもとに行なわれた今回の調査では、移籍に関する不正な金銭取引を示す明らかな証拠は上がらなかった。とはいえ、調査への協力を全面的に拒否したイスラエルの代理人ザハヴィ氏や、回答を行なわなかった関係者に対する嫌疑が色濃くなっており、特にザハヴィ氏については、もうひとりの代理人とともに、ドログバ、ツェフら5選手の移籍について不正に関与した疑いが強まっている。

 そのほか、チェルシーMFミカエル・エシアン、ニューカッスルMFエムレ・ベロゾグルの移籍に携わった各代理人や、ボルトンで代理人を務めていたクレイグ・アラーダイス氏(前監督サム・アラーダイス氏の息子)の名前もリストに上がっているとのこと。

 同リーグはFA(イングランドサッカー協会)とFIFA(国際サッカー連盟)に今回の調査内容を提出する予定とコメントしており、さらなる調査が待たれている。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20070616-00000088-ism-spo
(ここまで)

欧州サッカー界の移籍マーケットには交渉代理人が暗躍しているという。

移籍に際し、選手の価値を上げようと言葉巧みにクラブを相手に交渉をする人のことだ。
交渉代理人もそりゃあ必死。

選手の契約内容の数パーセントが自分の報酬となるからだ。

ビッグネームの移籍となると、うん億円儲ける代理人もいるという。

日本人が代理人を使って交渉した、パイオニア的存在が、
プロ野球の野茂選手、伊良部選手である。

今だからメジャーにこぞって進出しているが、
当時閉鎖的な日本から飛び出せたのも、交渉代理人のおかげである。

このように、いい意味で働いてくれる代理人はいいが・・・

冒頭のニュースのように不正にかかわる代理人がいると。
金や交渉、契約の話に弱い選手たちは大迷惑である。

陰と陽、紙一重の交渉代理人の人間的な意味での向上を今後、期待する。


SEO対策ならSEO Studio

相互リンクでSEO 相互リンク・探索マン

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。